男性が本当に感じる7つの場所

1つ目はおヘソ周り。

ノータッチの人が多いですが、立派な性感帯です。

 

普段人にいじられたりしないので尚更。
おヘソ周りや穴に舌を這わせ、彼の反応を見てみましょう。
もし微妙そうならチュッとキスして切り上げ、他の部分に移ればいいのです。

 

2つ目は歯茎と上顎。

愛のあるセックスにはキスがつきものですが、唇を触れ合わすだけでは物足りません。
舌を絡め合うのはもちろん、同時に彼の唇、口内、歯茎、上顎も舐めましょう。

 

3つ目は耳と耳の裏。

キスからの流れでお互いの顔が近い状態で耳を攻めましょう。
舐められるとゾワッとする立派な性感帯です。

 

耳殻の形にそって舐めたり、穴に舌を這わせたりしましょう。
耳だけではなくその後ろの皮膚や髪の生え際も、舐めるとゾクゾクするポイントです。

 

4つ目は背中。

背中が好きな男性は多いです。
女性も自分と違う広くて大きな背中は男らしさを感じるポイントなので、愛撫しながら自分もキュンと出来たら素敵ですね。

 

5つ目は首。

耳からの流れで首も舐めましょう。
女性も首を攻められるのが好きな人が多い様に、血管がたくさん通っていて、とても敏感で感じやすい部分なんです。
首筋だけじゃなく、肩や鎖骨も舐めると更に感じます。

 

6つ目は足の指。

ペニスを舐める様にしゃぶってみましょう。
ペニスに見立ててたくさん愛撫したら、舌をたっぷり潤わせて指先から脚の付け根に向かって行きます。
ヘビが木の幹に絡みつく様にねっとり舐め上げて下さい。

 

最後は脚の付け根と、股関節から蟻の戸渡り。

つま先から脚の付け根に辿り着いても、すぐペニスをパクッとしちゃいけません。
脚の付け根から会陰、つまり蟻の戸渡りを攻めましょう。